毛玉の排泄

猫は自分の体をよく舐めます。それは掃除のためのグルーミング行為なのですが、そうやって自分の体を舐めているうちに抜けた体毛を飲み込んでしまうのです。飲み込んでしまった毛はウンチとして一緒に排泄されるのですが、飲みこんだ毛の量が多く、沢山の毛が胃に溜まってしまっている場合、胃腸の働きが鈍くなり、猫は吐き戻しを行います。この吐き戻しの行為も上手くできなかった場合、胃の中に毛玉が溜まってしまい便秘や食欲不振の原因となってしまうのです。胃の中に溜まっている毛玉の大きさによっては手術が必要となるケースもあります。これは通常のレントゲンでは毛が映らないので、バリウム検査を行う必要があります。長毛種の便秘には特に気を付け、夏毛、冬毛の生え変わりの時期にしっかりブラッシングをしてあげることが大切です。

そのように気を付けていても、最近猫の様子がおかしい、調子が悪そう、便秘気味であるといった場合にはキャットフードを見直してみることをオススメします。オリゴ糖配合など、人間と同じように猫の便秘対策にも食事の内容がとても大切なのです。手術などの大きな手間がかかる事態になってしまう前に、普段の食生活の見直しから行ってあげましょう。